Bunkamura30周年記念 フランチャイズ特別企画
K-BALLET COMPANY / 東京フィルハーモニー交響楽団
熊川版 新作『カルミナ・ブラーナ』世界初演

熊川哲也が新たに挑む、音楽×舞踊における前人未到の領域。
オリジナルの物語を大曲に授ける新作バレエ、今秋誕生。
マエストロ バッティストーニを迎え、奇跡の共演が実現!

本年30周年を迎えるBunkamuraオーチャードホールの記念特別企画として、オーチャードホール芸術監督である熊川哲也が
構成・演出・振付を手掛ける新作バレエの上演が決定。
出演はBunkamuraが擁する2つのフランチャイズカンパニー。昨年新たにフランチャイズ契約を締結したK-BALLET COMPANYと、
開業以来フランチャイズ・オーケストラとして公演を行う東京フィルハーモニー交響楽団による初の本格共演が実現しました。
指揮は、世界が注目するイタリアの新星アンドレア・バッティストーニ。
爆発的なエネルギーで音に魔法をかけるマエストロが、熊川の世界とどう化学反応を起こすのか、期待が高まる。
さらに、この新作を具現化するために熊川哲也の元に集まるのはダンサー、歌手、合唱、オーケストラ、総勢250名を超える。
“楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる、独唱と合唱の為の世俗的歌曲”という副題が示す通り、
本来は舞踊を付随する舞台作品としての上演が前提に作曲されたというが、大規模な編成が要求されるため、
現在多くは略式である演奏会形式で上演されている『カルミナ・ブラーナ』。
オルフの原案を実現するともいえる機会を奇跡の共演でお贈りする本公演、見逃すわけにはいかない。

【エムアイカード会員特典】
特別プライス

【スタッフ】
構成・演出・振付:熊川哲也
音楽:カール・オルフ
衣裳・美術デザイン:ジャン=マルク・ピュイッソン

【出演】
バレエ:中村祥子、遅沢佑介、宮尾俊太郎、矢内千夏(プリンシパル)ほか K-BALLET CONPANY
指揮:アンドレア・バッティストーニ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
ソリスト歌手:今井実希(ソプラノ)、藤木大地(カウンターテナー)、与那城敬(バリトン)
合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団

公演詳細情報

会場 Bunkamura オーチャードホール
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2丁目24−1
日時 9/4(水)19:00
9/5(木)19:00
価格
  • S席 特別価格
    ※会員さまご優待価格は、お申し込みページでご確認ください。
    (一般価格 ¥20,000)
チケ
ット
発送
時期
公演日の2週間~約1か月前に発送予定
注意
事項
  • 5歳以上入場可。ただし、お一人様1枚チケットが必要です。
  • 各公演の座席はご指定できません。また、良席を保証するものではございません。
    予めご了承ください。
  • 出演者の予定は、2019年6月14日現在のもので変更になる場合がございます。
  • キャスト変更に伴うチケット代金の払い戻しはございません。あらかじめご了承ください。
  • チケットご購入後のキャンセル・変更は承れませんので、ご注意ください。また、チケットはいかなる場合(紛失、消失、破損等)でも再発行はいたしません。チケットの管理・保管には十分にお気をつけください。
予定枚数終了
ページの先頭へ